投資

【必殺】下放れ黒二本の見方と分析方法

こんにちは、おおくまモン(@okumamon777)です。

今回は、ローソク足のパターンの1つである「下放れ黒二本」について、見方や分析方法を紹介します。

ローソク足は、値動きだけでなく、その裏に潜む投資家の心理まで表しています。

それを読み解くことで、相場の状況を理解し優位性のあるトレードが可能です。

ローソク足のチャートパターンや特徴を知り、トレードに役立てていただけると幸いです。

では話を進めます。

【前提】下放れ黒二本の発生局面

前提として、下放れ黒二本は「⑤下落初期〜途中期」の局面で発生するローソク足パターンの1つです。

※その他、各種ローソク足の組み合わせパターンについては、以下でまとめておりますので、あわせてご参考ください。

下放れ黒二本の見方

では続いて、下放れ黒二本の見方を説明します。

足形の特徴

下落相場の初期段階で、マドを開け下放れた陰線が2本連続したパターン。

買い手の行動と心理状態

下落途中のギャップダウンは投資家に恐怖心を植えつけます。

その後も反発は見られず陰線引けすることで、投資家は絶望し、慌てて買い建て玉の売却を始めます。

相場の暗示

相場が下落基調にある中、さらなる悪材料の出現で大量の投げ売り注文などが持ち込まれると、ギャップダウンが生じ、株価水準が大きく下方に修正されることがあります。

マド開け後、下放れた陰線の2本連続は、投資家にとって精神的なインパクトだけでなく、保有資産の含みに多大なる影響(含み益の急滅、もしくは含み損の急増)を与えます。

その後、相場は下落傾向にあり、時に相場を暴落へと導くことがあります。

おれ流!下放れ黒二本分析の重要ポイント

下放れ黒二本が発生した時の、分析方法として私なりの重要ポイントを挙げます。

①出来高と合わせて確認する

出来高を確認することで、相場の上昇・下落が本物か確認できます。

上図のように、下落時の出来高が大きいと売り圧力が大きいと判断でき、その後、下落が継続しやすいと推測できます。

②信用買い残高をみて、ポジション状況を判断する

週次で信用残高が公表されますが、

下放れ黒二本発生後、信用買い残高を確認します。

その際、下放れ黒二本期間に信用買い残高が莫大であれば、上昇余地が小さい(≒下落に転じやすい)と推測できます。

下放れ黒二本の発生から、信用買い残高の確認までタイムラグがありますが、相場の状況を把握するため非常に重要です。

まとめ

以上が、下放れ黒二本の見方と分析方法でした。

このように、ローソク足のパターンや、その背景にある投資家の心理を読み解けるようになると、より優位なトレードが可能になります。

最後までお読みいただきありがとうございました。

おすすめ証券口座

目的に応じた最適な証券口座をご紹介!

証券口座の「検討・見直し・複数利用」にお役立てください

 

単元未満・少額でトレード練習:LINE証券
おすすめ①1株数百円から投資できる!
おすすめ②LINE Payからの入出金やLINEポイントでの投資が可能!
おすすめ③LINEアプリから手軽に利用できる!

詳細はこちら

少額・手数料0円で取引:松井証券

おすすめ①1日の約定代金50万円まで手数料0円!
おすすめ②手数料をかけず優待や配当が狙える!

詳細はこちら

最強の企業分析ツール:GMOクリック証券
おすすめ①最大10年分のB/S・P/L・C/Fをグラフ化!
おすすめ②収益性・事業活動の効率性が見える!
おすすめ③気になる企業を3社並べて比較!

詳細はこちら