投資

【トレンド転換の起点】レンジ相場(ボックス相場)の見方と売買手法を解説

こんにちは、おおくまモン(@okumamon777)です。

今回はトレードでも判断が難しいレンジ相場(ボックス相場)について、私なりの見方や、売買手法を解説します。

この記事は以下の疑問・悩みを持つ方が対象です。

レンジ相場とは?見方は?
レンジ相場はテクニカル的にどう判断してエントリーするの?

いかなる上昇トレンドや下降トレンドがあったとしても、その間に休憩として、レンジ相場(ボックス相場)が発生します。

今後トレードを行うにあたり確実に遭遇するので、その時の分析・売買手法として参考になればと思います。

レンジ相場(ボックス相場)の説明と特性

まず、レンジ相場(ボックス相場)と特性を説明します。

レンジ相場(ボックス相場)とは

レンジ相場とは図の様に、一定の上値抵抗線と、下値支持線の範囲(レンジ、ボックス)で値動きが発生するチャートパターンのことを指します。

レンジ相場は別名、ボックス相場とも呼ばれます。

レンジ相場(ボックス相場)の特性

レンジ相場(ボックス相場)の特性としては下記の4点があります。

上値抵抗線と下値支持線で反発しやすい

上値抵抗線は過去の高値と高値を結び合わせたラインです。

市場価格がこのラインまで到達すると、そこを天井に、反発して下降する傾向があります。

反対で、下値支持線は過去の底値と底値を結び合わせたラインです。

場価格がこのラインまで到達すると、反発して上昇する傾向があります。

この事象が発生する背景として、このレンジ相場の動きを知っている投資家が多く、

「このラインまで来たら、セオリー的に他のトレーダーが手仕舞うため、反発するだろう」

と考え反発する圧力(エネルギー)が強くなり、結果値動きが反発することが考えられます。

レンジ期間が長いほどブレイク後に長期的に大きく変動しやすい

レンジ相場が長い程、レンジがブレイクしたときに、ブレイク方向に長期的に・大きく値が動きやすくなる傾向にあります。

逆にレンジが短い程、ブレイク方向に短期的に小さく値が動きやすくなる傾向にあります。

「走り幅跳び」のように、助走が長い程、大きく跳ぶことができるのと同様です。

ブレイクするまでの長い程、エネルギーが蓄積され、ブレイクと同時にエネルギーが爆発し、一気にブレイク方向に値が動きます。

そのため、ブレイク直後を捉えることが出来れば、大きく利益を獲得することが出来ます。

しかし、ブレイク後、直ぐに元のレンジまで反発するだましもあるので、エントリーに注意が必要です(後述)。

材料が無い限り、レンジ相場は続きやすい

値動きは「上昇・下降・横ばい」の3パターンしかありません。

基本的に、値動きが上昇、下降し始める時は、おおよそ「政治経済イベント・決算・その他ニュース」などの材料が無いと発生しにくいです。

逆に言えば、材料が無い時はレンジ相場の中で上げ下げする傾向にあるので、

特に閑散期は、レンジ中で取引をしている方も多いと思います。

おれ流!レンジ相場での売買判断ポイント

ここから、私がレンジ相場を分析するときの、重要ポイントを説明します。

※今後、改善に伴い重要ポイントをアップデートする可能性があります。その際は本記事も更新します。

ブレイク後の初動を狙う

レンジ相場の中で売り買いをしてもいいと思いますが、下記の4点の理由で僕はおススメしません。

  1. 値幅が限られている
  2. ブレイクして2度と戻らない可能性がある(永遠に損する)
  3. トレード参加者が少なく、値動きが遅い(稼ぐのに時間がかかる)
  4. 資金拘束され他に投資できない(機会ロス)

その反面、レンジ相場の上下ラインをブレイクすると、

  • ブレイク方向に値が動きやすい
  • トレンド転換でトレード参加者が増える
  • 短期間で値幅を大きく取れる

といった理由から、効率的に利益を稼ぐことができます。

そのため、ブレイク後の初動を狙うことをおススメします。

ブレイク後の調整でブレイクラインを反発するとトレンド転換濃厚

レンジ相場は上下ラインをブレイクすれば、ブレイク方向に値が動きやすくなります。

ただ1度ブレイクしただけでは、完全にトレンド転換したと判断できません。

そのためブレイク後の調整でブレイクラインを割込まず、反発するとレンジ相場が終了しトレンド転換したと判断できます。

ブレイク後の調整でラインを再度を割り込まないか(だまし)

ブレイク方向に値動きが続けば良いですが、ブレイク後すぐに反発し、再度レンジ相場のところまで戻る可能性があります。

このブレイク詐欺を「だまし」と言います。

「だまし」かどうか見極めるため、ブレイクした直後にエントリーせず、静観し調整時のブレイクラインで反発するのを確認してから売買するのもありです。

出来高でラインブレイクによるトレンド転換の確度を確認

テクニカル分析全てにいえることで、出来高が大きいほどテクニカルの精度は上がります。

大きい出来高で株価が上昇すれば、上昇するエネルギーが強い。

逆に、小さい出来高で上昇すれば、テクニカル指標は上昇トレンドを示していても、上昇エネルギーは弱く、株価が下落する可能性があります(=だまし上げの可能性)。

レンジ相場も同様です。

上下ラインをブレイクした時の出来高を確認してください。

出来高が伴っていれば、ブレイク方向に値が動く可能性が高いという見方になります。

対して出来高が伴っていなければ、十分に警戒してください。ブレイクの調整後、ブレイクラインで反発し、出来高を伴って値動きするのを確認するまで待つのも良しです。

また出来高について、以下の記事で紹介してますので、是非ご覧ください。

レンジ相場の売買手法:買いエントリーポイント

レンジ相場の売買判断ポイントを全て加味すると、売買手法のうち、買いエントリーポイントは上図の赤丸2点のみです。

  • ブレイクの初動
  • ブレイク後の調整でブレイクラインを反発した瞬間

その際に出来高が大きいか必ず確認します。

出来高が小さければ警戒してください。

再度ブレイクラインを割り込む場合、上昇失敗を懸念し、損切りを検討します。

レンジ相場の売買手法:売りエントリーポイント

同様に、売買手法のうち売りエントリーポイントは上図の赤丸2点のみです。

  • ブレイクの初動
  • ブレイク後の調整でブレイクラインを反発した瞬間

こちらも出来高が大きいか必ず確認します。

出来高が小さければ警戒してください。

再度ブレイクラインを割り込む場合、下降失敗を懸念し、損切りを検討します。

クイズ

最後に、これまで説明したことを元に、4択クイズを出します。

トレードに正解はないですが、私の手法を正解とする場合、

次の4銘柄のうち、どれが買い銘柄として正解でしょうか。

正解は

なんと

①でした。理由は以下です。

  • ①:ブレイク後の調整でブレイクラインを反発。上昇時に出来高も伴っている。
  • ②:レンジ相場のラインをブレイクしていないため判断できない。
  • ③:レンジ相場のラインを下方向にブレイクしたため、上昇余地がないと判断。
  • ④:レンジ相場のラインをブレイクしていないため判断できない。

まとめ

以上がレンジ相場(ボックス相場)の見方と分析、売買手法の紹介でした。

最後に話しの腰をおりますが、株式投資をする上で、

レンジ相場(ボックス相場)などのテクニカル分析だけ勉強しても勝てません。

下図のように、ファンダメンタルズ分析など、複合的に分析することが必要です。

片方だけに依存すると、

テクニカルが良くてファンダメンタルズが悪い
➡︎悪材料で一発退場

ファンダメンタルズが良くてテクニカルが悪い
➡︎既に大衆が気づいており、株価が上がりきっている

というようなパターンにいつか必ず陥るからです

そうならないよう、テクニカル分析とファンダメンタルズ分析の両方を習得する必要があります。

このブログでは、そういった私なりの投資手法について記載するので、是非ご参考ください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

おすすめ証券口座

目的に応じた最適な証券口座をご紹介!

証券口座の「検討・見直し・複数利用」にお役立てください

 

単元未満・少額でトレード練習:LINE証券
おすすめ①1株数百円から投資できる!
おすすめ②LINE Payからの入出金やLINEポイントでの投資が可能!
おすすめ③LINEアプリから手軽に利用できる!

詳細はこちら

少額・手数料0円で取引:松井証券

おすすめ①1日の約定代金50万円まで手数料0円!
おすすめ②手数料をかけず優待や配当が狙える!

詳細はこちら

最強の企業分析ツール:GMOクリック証券
おすすめ①最大10年分のB/S・P/L・C/Fをグラフ化!
おすすめ②収益性・事業活動の効率性が見える!
おすすめ③気になる企業を3社並べて比較!

詳細はこちら