節約・貯金術

楽天カードのメリット・デメリットやおすすめの利用方法

「楽天市場」などで知られる、楽天が発行するクレジットカード「楽天カード」は、

  • 入会費・年会費無料
  • 還元率1%なのでポイントが貯まりやすい
  • 貯まったポイントはいろんなところで利用できる

ため、初めてクレジットカードを作る人や、費用をかけず楽に節約したい人におすすめです。

※結論、私は楽天カードで簡単ポイントを稼ぎつつ、楽天西友ネットスーパーでポイント利用することで、お金と時間の節約を同時にやってます

この記事では、「楽天カード」のおすすめポイントを詳しく紹介します。

楽天カードの基本情報

楽天カード

楽天カードは、「楽天市場」や「楽天モバイル」など様々なサービスを提供する「楽天」のクレジットカード。

入会金・年会費無料で、国際ブランドは、JCB・VISA・アメックス・マスターカードから選択できます。

楽天市場だけではなく、日常の買い物でポイントがガシガシ貯まります。

楽天カードのメリット

入会金・年会費無料

楽天カードは、入会金・年会費無料で発行可能。

ずっと持ってるだけでも、無料です。

ポイント還元率が1%

楽天カードの還元率は1%。100円で1ポイント貯まります。

クレジットカードの平均還元率は0.5%とされているので、無料なのに最高水準の還元率です。

貯まるポイントは「楽天ポイント」。

楽天のサービスだけでなく、ファミマやツルハドラッグなど楽天ポイントカード対象店舗で使えます。

1ポイント=1円で利用可能です。

選べるカードブランド

楽天カードの国際ブランドは「JCB」「VISA」「アメックス」「マスターカード」から選択可能。

楽天市場での買い物はポイント+2倍

楽天市場で利用する場合は、ポイントが+2倍になります。100円使うと3ポイント貯まります。

※また、楽天西友ネットスーパーでの利用は+1倍になります。スーパーの購入で還元率2%は、他にないレベルです。

新規入会&カード利用で5000ポイント

新規入会で2,000ポイント、カード利用で3,000ポイント獲得できます。

これだけ、メリットがあるのにこんなにポイント貰えるのは、さすが大手企業ですね。

ちなみに私は日用品の購入で、さっそく使いました。

楽天カードのデメリット

ETCカードの年会費が有料

楽天カードそのものは維持費が発生しませんが、楽天カードで作ることが出来るETCカードは有料です。

年会費は500円+税。

ETCカードが必要な場合は、他のクレジットカードを使って発行したほうが良いです。

利用明細書の郵送は有料

利用明細書の郵送は有料であり、84円(税込)がかかります。

ネットで明細書を見るのは無料なので、ネットでの閲覧がおすすめです(印刷も可能です)。

メールが多い

楽天のサービス(楽天市場・トラベルなど)に関するメールが頻繁に送られます。

楽天カード申込時にメール配信しないよう、事前に設定できます(オプトアウト)。

また、申込後でもメール配信設定を解除できますので、不要なメールが多いと感じたら、解除をおすすめします。

楽天カードのおすすめの利用方法

「投資資金を作るために、無理せず楽に節約する」という観点で、楽天カードはメチャクチャおすすめです。

実際に私の利用方法を紹介します。

ポイントを貯める

ネットや日常の買い物について、基本的に楽天カードで支払い、ポイントを獲得します。

中でも、楽天西友ネットスーパーの利用は、お金と時間の節約になります。

まず毎回の購入で2%もポイント還元され、お金の節約になります。

実際に以下のような感じでガシガシポイントが貯まります。

楽天西友ネットスーパーでポイントが貯まる

送料は税込330円とお金がかかりますが、月4回の利用で、買い物に行く手間が省けます。
※1回に1週間分の食材購入

「実質月1,320円で買い物に行き、重い荷物を運ぶ手間を省ける」のは時間や体力の節約になります。

その時間を利用して、投資や本業の勉強、副業のなどに時間を注ぎ、1,320円以上の価値を生み出すことの方が効率的です。

話が脱線しましたが、そのようにしてポイントを貯めます。

ポイントを使う

ずばり、楽天西友ネットスーパーでポイントを利用します。それ以外は一切利用しません。

楽天ポイントカード対象店舗でも利用できますが、節約のため余計な買い物は一切しません。

あくまでも必要不可欠な日用品のみに利用します。

まとめ|ポイントがザクザク貯まる楽天カードはメイン使いにおすすめ!

楽天カードを利用することで、ストレスなく節約ができ、投資資金を増やすことできます。

最初の乗り換えはめんどくさいですが、いざやってみると

「なんでもっと早くやらなかったのか…3年前からやってたら10万も貯まってたのに…もっと投資したかった銘柄があったのに…」

と悔いるばかりです(結局5倍くらいになってました)。

私みたいな機会損失がないよう、少しでもやる気を感じたら即行動をおすすめします。

楽天カード公式ページ(ここをクリック)

最後までお読みいただき、ありがとうございました。