投資

【必殺】首吊り線の見方と分析方法

こんにちは、おおくまモン(@okumamon777)です。

今回は、ローソク足のパターンの1つである「首吊り線」について、見方や分析方法を紹介します。

ローソク足は、値動きだけでなく、その裏に潜む投資家の心理まで表しています。

それを読み解くことで、相場の状況を理解し優位性のあるトレードが可能です。

ローソク足のチャートパターンや特徴を知り、トレードに役立てていただけると幸いです。

では話を進めます。

【前提】首吊り線の発生局面

前提として、首吊り線は「④天井」の局面で発生するローソク足パターンの1つです。

※その他、各種ローソク足の組み合わせパターンについては、以下でまとめておりますので、あわせてご参考ください。

首吊り線の見方

では続いて、首吊り線の見方を説明します。

足形の特徴

しばらく続いた上昇相場で、「陽のカラカサ」がマドを開け、上放れて形成されたパターン。

買い手の行動と心理状態

相場上昇期待から買い注文が殺到し、ギャップアップが発生。

一時的に大幅な下落がみられ、不安感が広がりますが、高値引けしたことで安堵し更なる上昇を期待します。

相場の暗示

好材料などで、ギャップアップで寄り付いたが、その内容が予想範囲内のため、利益確保のための売り注文が殺到し大幅に下落。

しかし、相場の一段高を見込む投資家からの買い注文が、再度水準を大きく押し上げた、といったケースが推測されます。

つまり「相場の高値圏で売り抜けた投資家」と「新規買いの投資家」が存在しており、市場全体でみれば平均購入価格は上がったと考えられます。

このように、高値圏での乱高下は、今後の相場動向について投資家の見方が大きく二極化される傾向にあります。

「首吊り線」の後、相場に上昇がみられないと、新規買いなどを持ち込んだ投資家は大きく失望します。

ひとたび値崩れが発生すると、失望売り・損切りなどの売り注文が殺到し、下落する傾向にあります。

おれ流!首吊り線分析の重要ポイント

首吊り線が発生した時の、分析方法として私なりの重要ポイントを挙げます。

①出来高と合わせて確認する

首吊り線が発生した際に、出来高が小さければ

一部新規買いのみで、買い圧力が小さい(反落する可能性が高い≒天井付近)と推測します。

②信用買い残高をみて、ポジション状況を判断する

週次で信用残高が公表されますが、

首吊り線発生後、信用買い残高を確認します。

その際、首吊り線期間に信用買い残高が莫大であれば、上昇余地が小さい(≒天井付近)と推測できます。

首吊り線の発生から、信用買い残高の確認までタイムラグがありますが、相場の状況を把握するため非常に重要です。

③他のテクニカル分析と合わせて確認する

ローソク足自体、短期的なトレンドしか判断できず(分析するローソクの本数が少ない=期間が短い)精度が高くないことがあります。

そのため、他のテクニカル分析をあわせることで、精度を高めます。

まとめ

以上が、首吊り線の見方と分析方法でした。

このように、ローソク足のパターンや、その背景にある投資家の心理を読み解けるようになると、より優位なトレードが可能になります。

最後までお読みいただきありがとうございました。

おすすめ証券口座

目的に応じた最適な証券口座をご紹介!

証券口座の「検討・見直し・複数利用」にお役立てください

 

単元未満・少額でトレード練習:LINE証券
おすすめ①1株数百円から投資できる!
おすすめ②LINE Payからの入出金やLINEポイントでの投資が可能!
おすすめ③LINEアプリから手軽に利用できる!

詳細はこちら

少額・手数料0円で取引:松井証券

おすすめ①1日の約定代金50万円まで手数料0円!
おすすめ②手数料をかけず優待や配当が狙える!

詳細はこちら

最強の企業分析ツール:GMOクリック証券
おすすめ①最大10年分のB/S・P/L・C/Fをグラフ化!
おすすめ②収益性・事業活動の効率性が見える!
おすすめ③気になる企業を3社並べて比較!

詳細はこちら