投資

【必殺】放れ七手の変化底の見方と分析方法

こんにちは、おおくまモン(@okumamon777)です。

今回は、ローソク足のパターンの1つである「放れ七手の変化底」について、見方や分析方法を紹介します。

ローソク足は、値動きだけでなく、その裏に潜む投資家の心理まで表しています。

それを読み解くことで、相場の状況を理解し優位性のあるトレードが可能です。

ローソク足のチャートパターンや特徴を知り、トレードに役立てていただけると幸いです。

では話を進めます。

【前提】放れ七手の変化底の発生局面

前提として、放れ七手の変化底は「①底入れ」の局面で発生するローソク足パターンの1つです。

放れ七手の変化底の見方

では続いて、放れ七手の変化底の見方を説明します。

足形の特徴

下落相場の途中で、下方に「マド」開けが発生し、保ち合い相場が続いた後、

今度は上方にマド開けが発生し、陽線つけたパターンです。

買い手の行動と心理状態

下落相場が続く中、下方へのマド開けは投資家に大きな失望感を与えます。

投資家はやむなく買い建て玉の手仕舞い売りを進め、相場は軟調に推移 しました。

その後、突如に安値圏から上放れて寄り付き、 そのまま陽線を形成したのを見て、投資家は安堵感を覚え、反発を期待し新規買いを検討します。

相場の暗示

下方へのマド開け(ギャップダウン) 後、 投資家は下値不安で買い建て玉(ロングポジション)の処分売りを行います。

一方、下げ相場が長期に及んだため、株価は値頃感になり、新規の買い注文が入り始めるため、軟調地合いながらしばらくもみ合い相場となります。

その後、相場は突如安値圏を上放れて寄り付くが、これは持ち値(購入価格)の悪い買い建て玉が既におおむね解消してしまったものと推測され、

その売り注文はもみ合い相場が続く間に、新規に買いを入れた投資家により吸収したものと考えられます。

よって相場に存在する買い建て残高の絶対規模に変化はなく、上放れ陽線を形成させた材料の効果が薄れてしまえば、相場が上昇の勢いを失う可能性もあります。

おれ流!放れ七手の変化底分析の重要ポイント

放れ七手の変化底が発生した時の、分析方法として私なりの重要ポイントを挙げます。

①出来高と合わせて確認する

放れ七手の変化底が発生した際に、徐々に大きな出来高を伴っていれば、

投げ売り一巡(投資家の買い建て玉はほぼ消滅)したとなり、

暗示の精度が高い(底をついた可能性が高い)と推測します。

逆に出来高が平均以下の場合、だまし下げである可能性があります。

②信用買い残高をみて、ポジション状況を判断する

週次で信用残高が公表されますが、

放れ七手の変化底発生後、信用買い残高を確認します。

その際、信用買い残高が大きく下がれば、投げ売り一巡(投資家の買い建て玉はほぼ消滅)したとなり、暗示の精度が高い(底をついた可能性が高い)と推測します。

放れ七手の変化底、信用買い残高の確認までタイムラグがありますが、相場の状況を把握するため非常に重要です。

③他のテクニカル分析と合わせて確認する

ローソク足自体、短期的なトレンドしか判断できないため(分析するローソクの本数がすくない=期間が短い)

長期的に底をついたか、判断が難しい傾向にあります。

そのため、他のテクニカル分析をあわせることで、精度を高めます。

まとめ

以上が、放れ七手の変化底の見方と分析方法でした。

このように、ローソク足のパターンや、その背景にある投資家の心理を読み解けるようになると、より優位なトレードが可能になります。

最後までお読みいただきありがとうございました。