投資

【上昇の起点】カップウィズハンドルの見方と売買手法を解説

こんにちは、おおくまモン(@okumamon777)です。

今回は高勝率のチャートパターン「カップウィズハンドル」について、僕なりの見方と売買手法を紹介します。

この記事は以下の疑問を持つ方が対象です。

カップウィズハンドルとは?どう分析するの?
カップウィズハンドルの売買手法は?

カップウィズハンドルを理解してから、適切なエントリーポイントを見極めることができ、負けが少なくなりました。

また私の投資手法に多大なる影響を与えた、海外投資家のオニールやミネルヴィ二も、著書にて、このカップウィズハンドルの重要性を数100ページにも渡り記載しています。

それくらいトレードに欠かせない武器です。

では説明を進めます。

カップウィズハンドルの説明と特性

まず、カップウィズハンドルと特性を説明します。

カップウィズハンドルとは

カップウィズハンドル(cup with handle)とは値動きのチャートパターンの一つであり、

図のように、カップの部分と、取っ手のようなハンドルの部分のチャート形状をしているため、カップウィズハンドル(取っ手付きのカップ)に呼ばれています。

カップウィズハンドルの特性

カップウィズハンドルの特性としては以下の1点のみです。

ハンドルの値がカップの上値ラインをブレイクすると上昇傾向となる

カップウィズハンドルは、ハンドルの値がカップの上値ラインを超えたとき、大きく上昇する傾向にあります。

実際にこのチャートの背景にある投資家の動きを説明します。

カップ

【カップ】

①:「ネガティブニュース・利益確定売り・空売り勢力」などの売り要因や損切りなどで、値が下落。

②:その後一旦落ち着き、横ばいが続く。

③:「ポジティブニュース・空売りの利益確定の買戻し・売り勢力が落ち着いたと判断した買い勢力」など、買い要因により値が上昇し、カップの上値ラインまで上昇。

ハンドル

【ハンドル】

④:カップの上値ラインに到達した瞬間、カップの最初の急落で売り切れず、含み損を抱えた投資家が、もしくはカップの底で仕込んでいた投資家が売り出す。その結果、値が下落。

⑤:ある程度ふるい落とされたと判断した慎重な投資家が、買いエントリーを行い、再度値が上昇。

⑥:④・⑤を繰り返す

⑦:最後にポジティブニュースもしくはテクニカル要因で、買い勢力が圧倒的に増え、上値ラインをブレイク

以上の背景で、カップウィズハンドルは形成されます。

おれ流!カップウィズハンドル分析のポイント

ここから、私がカップウィズハンドルを分析するときの、重要ポイントを説明します。

※今後、改善に伴い重要ポイントをアップデートする可能性があります。その際は本記事も更新します。

カップが中長期間に綺麗な半円が作られているか

上図のように、カップが中長期にかけ綺麗な半円で形成されると、上値ラインをブレイク後、値動きが上昇傾向になる確度が高いです。

日足だと3~6ヶ月間がベストなイメージです。

また、カップが短期的に形成されてたり、綺麗でないと値動きが乱高下して不安定な傾向になります。

ハンドルの下げ幅が短いか

図のようにカップのボトムからトップまでの幅に対して、ハンドル部分の下げ幅に関して、短い方が上昇傾向にあります。

最大35%の下げ幅までがベストです。

それを超えると、カップの上値ラインに戻るのに時間やエネルギーを要し、上昇しづらくなります。

下げ幅が短いとそ下落エネルギーが小さい、すなわち売り勢力が少ないと判断でき、大きな上昇エネルギーを秘めていると判断できます。

ハンドルの下げ幅が徐々に短くなる

ハンドルの図のように下げ幅が徐々に短くなると、上昇傾向になります。

その際、底値も徐々に切り上がっているとベストです。

理由として、値動きが下落する度に売りの力が弱くなっているため、前の底値を割り込まないからです。

売りエネルギーが弱くなっている、つまり上昇エネルギーを潜在的に秘めていると言うことになります。

そのため、これから上昇する可能性が高いと判断し、買いエントリーの準備をします。

また、底値が切り下がっている場合は注意が必要です。

上昇で出来高が多く、下降で出来高が少ない

テクニカル分析全てにいえることで、出来高が大きければ大きいほどテクニカルの精度は上がります。

大きい出来高で株価が上昇すれば、上昇するエネルギーが強い。

逆に、小さい出来高で上昇すれば、テクニカル指標は上昇トレンドを示していても、上昇エネルギーは弱く、株価が下落する可能性があります(=だまし上げの可能性)。

カップウィズハンドルも同様です。

「ハンドルの上下」や「上値ラインをブレイク」した時の出来高を、それぞれ確認してください。

 

図のように、上昇の時に出来高も多くなり、下降の時に出来高が少なくなるのがベストです。

上昇の時に出来高が多くなると、上昇エネルギーが大きく、上にブレイクする可能性が高いということを示しており、

下降の時に出来高が少なくなると、下降エネルギーが小さく(売る人が少なくなっている)、値動きが下降する可能性が低いと示しております。

また、上値ラインを出来高を伴ってブレイクしたら上昇トレンドの可能性は濃厚と判断できます。

このブレイクの初動でエントリーするのも手です。

しかしだまし上げの可能性もあるため、ブレイク後の調整でブレイクラインを反発し、再度出来高を伴って上昇するのを確認した後にエントリーするのも手です。

また出来高について、以下の記事で紹介してますので、是非ご覧ください。

上昇トレンドで発生するパターンだけ狙う

カップウィズハンドルは上昇トレンドを示すチャートパターンです。

そのため、下降トレンドの時にカップウィズハンドルが発生した場合、上昇成功になる確率が低い傾向にあります。

上昇トレンドで発生する場合のみ狙います。

カップウィズハンドルのエントリーポイント

これまでのポイントを踏まえ、カップウィズハンドルを使ったエントリーポイントを説明します。

  1. 買いエントリー
  2. 売りエントリー

の2パターン取り上げます。

カップウィズハンドルの買いエントリー手法

カップウィズハンドル分析のポイントを全て加味すると、

買いエントリーポイントは上図の赤丸2点のみです。

  • 上値ラインブレイク直後
  • ブレイク後の調整で、ブレイクラインを反発した瞬間

その際、出来高が大きいか必ず確認します。

出来高が小さければ警戒します。

また再度ブレイクラインを割り込む場合、上昇失敗を懸念し損切りを検討します。

カップウィズハンドルの売りエントリー手法

カップウィズハンドルは値動きの上昇を判断するものなので、売りエントリーポイントはありません。

クイズ

最後に、これまで説明したことを元に、4択クイズを出します。

トレードに正解はないですが、私の手法を正解とする場合、

次の4銘柄のうち、どれが買い銘柄として正解でしょうか。

正解は

なんと

①でした。理由としては以下です。

  • ①:カップがきれいな半円。ハンドルの下げ幅が短い。大きい出来高を伴った上値ラインブレイク。
  • ②:カップがきれいな半円でない。上値ラインブレイク時の出来高が小さい。
  • ③:ハンドルの下げ幅が大きい(50%以上)&下落時の出来高が大きい。
  • ④:上値ラインブレイクしていない、ハンドルの下げ幅が大きくなっている。

まとめ

以上がカップウィズハンドルの見方と売買手法の解説でした。

最後に話しの腰をおりますが、株式投資をする上で、

カップウィズハンドルなどのテクニカル分析だけ勉強しても勝てません。

下図のように、ファンダメンタルズ分析など、複合的に分析することが必要です。

片方だけに依存すると、

テクニカルが良くてファンダメンタルズが悪い
➡︎悪材料で一発退場

ファンダメンタルズが良くてテクニカルが悪い
➡︎既に大衆が気づいており、株価が上がりきっている

というようなパターンにいつか必ず陥るからです

そうならないよう、テクニカル分析とファンダメンタルズ分析の両方を習得する必要があります。

このブログでは、そういった私なりの投資手法について記載するので、是非ご参考ください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

おすすめ証券口座

目的に応じた最適な証券口座をご紹介!

証券口座の「検討・見直し・複数利用」にお役立てください

 

単元未満・少額でトレード練習:LINE証券
おすすめ①1株数百円から投資できる!
おすすめ②LINE Payからの入出金やLINEポイントでの投資が可能!
おすすめ③LINEアプリから手軽に利用できる!

詳細はこちら

少額・手数料0円で取引:松井証券

おすすめ①1日の約定代金50万円まで手数料0円!
おすすめ②手数料をかけず優待や配当が狙える!

詳細はこちら

最強の企業分析ツール:GMOクリック証券
おすすめ①最大10年分のB/S・P/L・C/Fをグラフ化!
おすすめ②収益性・事業活動の効率性が見える!
おすすめ③気になる企業を3社並べて比較!

詳細はこちら