投資

【保存版!】ローソク足の種類・見方・分析方法まとめ

こんにちは、おおくまモン(@okumamon777)です。

今回はローソク足について、見方や種類に加え、私なりの分析方法を紹介します。

この記事は以下の疑問・悩みを持つ方が対象です。

ローソク足の種類や見方がわからない
ローソク足の意味や分析方法がわからない

ローソク足は、値動きだけでなく、トレンドやその裏に潜む投資家の心理まで表しています。

それを読み解くことで、相場の状況を理解し優位性のあるトレードすることができます。

ローソク足の種類や見方、分析方法を知り、トレードに役立てていただけると幸いです。

では話を進めます。

ローソク足とは?

では、まずローソク足そのものについて、ご説明します。

ローソク足とは

ローソク足とは、一定期間(分、一日、一週、一か月)のうち、

  • 始値
  • 高値
  • 安値
  • 終値

の4本値を一つの図形(足型)にまとめたものです。

また、始値と終値の間の太い胴体部分を「実体」、

実体と高値・安値に乖離がある部分を「ヒゲ」と呼びます。

始値より高値が高い(上昇している)ローソク足を「陽線」、

始値より高値が低い(下降している)ローソク足を「陰線」と呼びます。

ローソク足はこうして作られる

陽線や陰線は、上図のように、4本値で作られます。

ローソク足はなぜ重要なのか

ローソク足の重要性について事前に説明すると、次の通りです。

ローソク足は値動きの勢いや投資家の心理が分析できる

上図は同じ銘柄をライン・ローソクチャートで表したものです。

ラインチャートだと終値しか分からないので、図①の部分の値動きの勢い(トレンド)が把握しづらいです。

一方図②のローソク足チャートを見てみると、

この日は大陽線のため、始値から終値まで終始買いが優勢だった(=買いの勢いが強い=上昇傾向が強い)と判断できます。

このようにローソク足だと、4本値の動きを見ることで、値動きを分析することができます。

ローソク足は値動き分析のため江戸時代から利用されていた

ローソク足は江戸時代に本間宗久が考案し、明治時代になって確立したとされています。

本間宗久は世界最古の先物市場・大坂(現在の大阪)堂島の米相場で、ローソク足など値動き分析手法を駆使し、巨万の富を築きました。

それくらい、昔からローソク足が研究・利用されており、それがいま全世界でスタンダードに利用されていることから、ローソク足がどれほど値動き分析で重要か分かります。

ローソク足の種類と見方

それではローソク足の種類と見方をご説明します。

前提:ローソク足の長さ・ヒゲの長さで見方がわかる

ローソク足の種類や見方の前提として、

「ローソク足の長さ」と「ヒゲの長さ」の組み合わせになります。

見方については基本的に、

ローソク足が

  • 長いと「勢いが強い」
  • 短いと「勢いが弱い」

ヒゲが

  • 長いと「反発力が強い」
  • 短いと「反発力が弱い」

となります。

ローソク足の種類と見方一覧

上記の前提を元に、ローソク足の種類と見方の一覧は以下になります。

大陽線・大陰線

小陽線・小陰線

十字線

以上がローソク足の種類と見方一覧でした。

ローソク足の分析時のポイント

続いてローソク足の分析でのポイントをご説明します。

①ローソク足の発生局面を見る

ローソク足の見方としては上述した通りですが、発生場所によっては意味が異なるケースがあります。

上図は同じ「陽の寄り付き坊主」のローソク足で、原則上昇期待のサインを表します。

①の底値圏ではサイン通りに上昇しましたが、②の高値圏ではサインに反して下落しました。

このように発生局面でも意味が違ってくるので、どこで発生したローソク足か確認する必要があります。

このように発生局面でローソク足のサインが変わることがあります。

②他のローソク足と組み合わせて見る

一本のローソク足だと、その瞬間の相場の勢いしか分かりません。

複数のローソク足が組み合わさることで、更にサインの精度が上がることがあります。

その他、各種ローソク足の組み合わせパターンについては、以下でまとめておりますので、ご参考ください。

③テクニカル指標と組み合わせて見る

②と同じく、一本のローソク足だと、その瞬間の相場の勢いしか分かりません。

そのため、中長期的なトレンドが判断できません。

テクニカル指標と組み合わせてることで、中長期的なトレンドを捕らえつつ、

ローソク足を見ることで、最適なエントリーポイントを見つけることができます。

木を見て森を見ずにならないよう、注意したいところです。

④出来高と合わせて見る

ローソク足と出来高を合わせてみることで、以下が推測できます。

  • ローソク足のサインが本物かダマシか
  • 相場の状況(投資家同士の攻防)

それぞれ詳細に説明します。

ローソク足のサインが本物かダマシか

出来高は市場の売買代金を表します。

多くの人が多額で買えば、出来高は大きくなり、少数が少額で買えば、出来高は小さくなります。

言い換えれば、以下になります。

  • 出来高が大きい=多数・多額が参戦=勢いが強い
  • 出来高が小さい=少数・少額が参戦=勢いが弱い

この出来高をみることで、ローソク足のサインが本物かダマシか推測できます。

上図は大陽線が形成されたチャートになります。

大陽線は基本的に、上昇基調のサイン(買いの勢いが強い)を表します。

左のローソク足は出来高が大きい大陽線のため

  • 大陽線=買いの勢いが強い
  • 出来高が大きい=勢いが強い

と、両方勢いが強いため、大陽線のサインの精度が高いと推測できます。

その結果、株価は上昇しました。

一方、左のローソク足は出来高が小さい大陽線のため

  • 大陽線=買いの勢いが強い
  • 出来高が小さい=勢いが小さい

と、買いの勢いが強いサインの大陽線にも関わらず、出来高的には勢いが小さいと矛盾してます。

この場合、大陽線のサインの精度は低く、「ダマシ上げ」の可能性がある、と推測できます。

結果、株価は下落しました。

このように出来高をみることで、ローソク足のサインが本物かダマシか推測できます。

相場の状況(投資家の攻防)

ローソク足に合わせて出来高を見ることで、相場の状況(投資家の攻防)が分かります。

上図は高値圏の小陽線になります。

出来高が大きくなってます。

これはつまり、以下を表してると推測できます。

  • ①更に上昇期待から、大きい買いを入れている投資家
  • ②高値圏で利食いため、大きく売りを入れ、売り抜けてる投資家
  • ①と②が拮抗し、株価はそこまで動かず、大きい出来高が形成された

これを見ることで

「株価が高くなったと判断したため、安値で買いつけた上手い投資家が、高値で新規投資家に売りつけてるな。」

「高値警戒だな、買いは控えて、空売り狙おう」

と言うふうに、出来高を見ることで相場の背景を推測でき、投資判断の材料になります。

その他、そのローソク足・出来高・相場背景の関係は以下です。

まとめ

ローソク足は、値動きだけでなく、トレンドやその裏に潜む投資家の心理まで表しています。

それを読み解くことで、相場の状況を理解し優位性のあるトレードすることができます。

ローソク足の種類や見方、分析方法を知り、トレードに役立てていただけると幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

おすすめ証券口座

目的に応じた最適な証券口座をご紹介!

証券口座の「検討・見直し・複数利用」にお役立てください

 

単元未満・少額でトレード練習:LINE証券
おすすめ①1株数百円から投資できる!
おすすめ②LINE Payからの入出金やLINEポイントでの投資が可能!
おすすめ③LINEアプリから手軽に利用できる!

詳細はこちら

少額・手数料0円で取引:松井証券

おすすめ①1日の約定代金50万円まで手数料0円!
おすすめ②手数料をかけず優待や配当が狙える!

詳細はこちら

最強の企業分析ツール:GMOクリック証券
おすすめ①最大10年分のB/S・P/L・C/Fをグラフ化!
おすすめ②収益性・事業活動の効率性が見える!
おすすめ③気になる企業を3社並べて比較!

詳細はこちら